もう無理になったから前の職場辞めた~その3

OPの姿

こんにちは。おからぽっけ(以下OP)です。

数年前にツイッターが流行っていた時はまったく仕組みが理解できなかったんだけど、最近ちょっと分かるようになってきた(笑)

ツイッターは更新がらくちんでいいね。よかったらこちらも覗いてみてください。

@okrpokke

今日は昨日の続きで「もう無理になったから前の職場辞めた~その3」です。

OPが仕事辞めたいな~と思ってから、辞めるまでの行動編。

アートで生きている人たちとの出会い

「自分の興味のあること、楽しいことをトコトンやってみよう!」というポリシーで、休日Enjoy計画を実行していった。

少しずつ職場から距離を置くために出来るだけ残業しない。

休日出勤も適当な理由をつけてなるべく断る。

職場の人≠友達。いくら仲が良くてもビジネスの関係だと割り切る。

(実際OPが退職してからも交流のある人っていうのは0人ですね~そんなもんです。)

ひきこもるのをやめて、とりあえず外に出る。できれば知らない土地が望ましい。

とりあえず自分の狭い世界を広げよう?

OPはアート活動をしたかったので、博物館とかよく行きましたね。

そういう所に行ったからといって、急にセンスがアップしたりビジネスのアイディアが見つかる訳ではないんだけど、少なくとも「自分はこういうの好きだな~」ってことが分かる。

好きだなって思うことは、自分にはその才能があるらしい!

そういう小さな気づきで、好きなことややりたいことを見つけていったら良いんでねーかなー?

好きなことやるときは周りの目は気にしないようにしよう。

一人でラーメン食べに行くとか、一人回転寿司、ヒトカラ、一人旅、一人鍋、一人映画、一人イベント参加…などなど、一人で行動することは寂しくも、恥ずかしくもないよ。

当時住んでいたマンションの近くにアトリエがあった。

「ご自由にお入りください。無料です。」に背中を押されて入ってみた。(無料って断言しているところが面白い。)

アトリエとか何してるか分らんし、ふらっと入るにはちょっとハードル高いやん…(笑)

これ入ってみたら、ちょっとレベル上がるかもしれん!という安易な気持ち。

その時はある日本画家さんの展示をやっていたんだけど、誰がお客さんでオーナーで、誰が画家なのか分からなかった。

こじんまりとしているけど、ほんわかとした空間だったな。

OPが絵を見てると、おじさん(おじいさん?)に話しかけられた。この人が画家らしい。

OPの民族的な顔の雰囲気が良かったらしくその場でスケッチしてくれて(笑)、その後有難いことにいろいろなイベントに誘っていただいた!

今も仲良くしてくださってます。ありがとうS先生!

昨年の秋ごろにその人が監督をしていた劇にエキストラで出させてもらって、そこで会った人たちと友達になった。

そのアトリエではS先生だけでなく、色んな人と知り合ったな。

みんなアートを楽しんでいて、年齢とか職業とか関係なく「楽しさ、美」について真剣だった。ほんと良い刺激だ。

特に仲良くなったNちゃんという子は、田舎で古民家をご主人と改装しながらワークショップとか展示会を行っている。

一度ご自宅にお邪魔させてもらってお話ししたことがあるが、Nちゃんは会社員というものを経験したことがないらしい。

自分には会社員向いてないから、向いてる生き方してるだけだよ~と。

田舎暮らしだからお金はそんなにかからないし、やりたいことをしていたら必要なだけ充分にお金はやってくるよと。

めっちゃ自然体で素直なんだが、か、かっけー!!

会社に属さなくても幸せに生きている人に初めて出会ったのだった!

OPの労働観が変わった瞬間やな…!

自然の中で暮らすのっていいな~!余談だがNちゃん家には馬がいる。

どんなことでもいいけど、これ好きなんです!とか楽しいねん!っていう生き方をしていると周りに同じような人が集まってくるんだと思う。

それを恥ずかしがらずに出していく。配信とか発表だね。

OPは近いうちに絵と、朗読とか自分の声を出すことをやってみたい。

いいかげんキレさせろ!無責任ってだれの責任取らなあかんねん(笑)

OPはお人よしだった。

責任感、リーダーシップ、尊敬される、頼りがいがある、そんな人物像に憧れがあった。

信頼されるためには我慢だってするし、愛想笑いもするし、多少自分が我慢しても上手くいくならいいじゃないかと思っていた。

だから仕事を辞めるにしても円満に辞めたいと思っていた。

半年以上前には退職の旨をつげて、引継ぎもしっかりやって、万全の状況でスッキリ退職する。

はずだったんだけどね~(笑)

ま~あ揉めたね。

今やっている仕事は誰がするの?誰が引き継ぐわけ?

皆頑張ってるのに何が不満なの?

自分が辞めること迷惑だと思わないの?

今以上に給料出してくれる会社ないよ?

仕事辞めてどうするの?きっと失敗するよ。

うちで働いてたらローン組む時も審査通りやすいよ?

まだ3年しか働いてないのに辞めるの?もっと続ければ楽しくなるよ。

うちはちゃんと休日あるじゃん。もっとブラックな会社ないていっぱいあるよ。

てかその能力でどこに転職できると思うの?

などなど。そんなうんざりすることを半年くらい言い聞かされ続けた。

ぷっつーーーーーーん。

いい加減にしろ。

いいか?OPが一個ずつおまいらの質問に答えっていってやるYO。

今やっている仕事は誰がするの?誰が引き継ぐわけ?

知らんがな。残っている社畜の皆さんがすればいいんじゃないですか?

嫌ならやめてくでしょうし。それか人雇えば?

皆頑張ってるのに何が不満なの?

皆が頑張っていることと、OPが頑張りたいかは別問題ですー

自分が辞めること迷惑だと思わないの?

100%断言できる。辞められるような会社が悪い。

あんたも嫌なら一緒に辞めますか?

今以上に給料出してくれる会社ないよ?

えwwその給料で言っちゃうんですかそれwww(笑いしかない)

仕事辞めてどうするの?きっと失敗するよ。

あんたに言う必要はねえ!!少なくともここよりアルバイトしてる方が精神的にマシ。

うちで働いてたらローン組む時も審査通りやすいよ?

ん、何の話ですか?(笑いしかない)

まだ3年しか働いてないのに辞めるの?もっと続ければ楽しくなるよ。

3年働いたら充分だろう。中学校やって3年やで?3年で人は大きく変わるということです。

つまり3年で楽しくなかったらそれ以上やっても時間の無駄なんじゃwww

他の生き方探した方が早い。

うちはちゃんと休日あるじゃん。もっとブラックな会社なんていっぱいあるよ。

いやいやいや。下を見れば限りなしって言葉ご存じない?

上もまた果てしないんだぜ?

てかその能力でどこに転職できると思うの?

おまえに言われたかねーよ(笑)←これは普通にキレる。

あなたは私を甘く見ているようですね…ニヤ。

ってな感じで(心の中で)キレ散らかした。

無責任っていうけどさ~、私誰の責任取らないといけないんですかぁ~?

あんたはOPの人生の責任取ってくれんのかYO?

罪悪感を感じることはやめにした。

さんざん揉めて、引き留められたりしたが、3日後に最終出勤日にしようかという話になった。

3日て(笑)

いや、あんた方が良いなら良いですけど(笑)

結局3年働いても引継ぎなんて3日でイイよってくらいのもんなんだよ。

さすがに荷物も片づけられないので、1週間は猶予をやったよ。←偉そう

そして今まで取ったことのなかった有休をまとめて取ることになった。

OPから善意で会社に言わせてもらうと、こんなことになるならもっと早く休み取らせてあげるべきやで~?せめて働いた分の時給だけでも払ったるべきよ。

労働環境が良かったら続く人は続けられるんやし。無用な争いも避けられたであろう。

OPが社長になったらスタッフは大事にしよう…

シャットダウンメンタルからするっとつかみどころのないメンタルへ進化

さんざんキレ散らかして、禅問答のようなやり取りをしていく中で、諦めというか心境の変化も大きかった。

以前は「人の意見を気にしない」ということに対しても、目の前からブロックするような感じで、受け付けません!と頑なだったのね。

自分を守るというか、有害と思ったものからは守らなくちゃ!と感じていて情報をシャットダウンしていた。

それが色々と諦めて、絶望し、もういーやってなる度に、鎧が脱げていくような、鎖が外れていくような感覚があった。

精神的に切磋琢磨されたのかな(笑)

所詮人は人ってことが体感的に分かるようになったから、無駄な力が入らなくなった。。

楽だよ今は。

例えるなら、つかもうとしてもヌルっと出ていっちゃうウナギみたいな感じ(笑)

昔と比べると軽やかになりました。

結構どうでもいいことも増えて、周りと会話が成り立たないときもあるけど別にいい。

本当につながりたい人との絆は壊れないと知った。

周りの反応とか、どう思われているかとかどーでもいいなーってなって。

ついに退職しました。退職後に保険証を返しに行ったときは、同部署の人はお忙しくお仕事されていたのか、普通にスルーだったね。

あ、お疲れ様っす、以上。

やっぱそんなもんか。

もう自分第一で生きよう。OPは確信したんだ(笑)

退職したけどどーしよっかな。とりあえず仕事探すか、の過ち

OPは心配性なので有休中に就活を始めたのですが、それがまずかった…

次回は現職に至るまでの活動と、後悔しているポイントを書きます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
トップへ戻る