清流に浮かぶ花!醒ヶ井の梅花藻を見に行ってきた!

こんにちは!おからぽっけ(以下OP)です。

この前、滋賀県の醒ヶ井という所まで、梅花藻(バイカモ)を見に行ってきましたぞ!

めっちゃ幻想的で良かったので是非行ってみてね!

梅花藻とはなんぞ!?

梅花藻とは・・・シンプルにいうと水草です!!

5月〜8月下旬にかけて、白い小さな花を咲かせます。梅の花みたいな可愛い花だよ。

水温が14℃前後の清流にしか育たないらしいので、見れるところが限られてますね。

※ピンクの花は上流から流れてきた別のお花(笑)

もうちょっと遠くから見た感じ。

OPは梅花藻を見てオフィーリアを思い出しましたぞ(笑)

この下の部分、白い花が咲いているのがお分かりいただけるだろうか・・・?

ここだけ(笑)

でもなんとなくイメージできそうやろ?←

流石にこんだけ咲いてたら、人も引っかかりそうやけどな・・・(:3っ )=

橋の上から撮影しました。

橋のところにピンクの花が咲く木があるけど、ここから来てたのかな?

醒ヶ井とはどこぞ!?

さてさてアクセスですが、醒ヶ井は滋賀県米原市にあります。

電車だとJR醒ヶ井駅が最寄りです。梅花藻は醒ヶ井駅近くの地蔵川という川に生息していますよ!

車で行く場合は米原ICが最寄りになりますが、駐車場はJR醒ヶ井駅の隣にある「醒井水の宿駅」を利用することになります。

米原市のホームページより↓

醒井水の宿駅みゆきより↓

醒井水の駅みゆきホームページ 醒井への観光はコチラ 醒井や米原の観光情報のお問い合わせ、施設のご案内。

道の駅ってやつですね。夏のシーズン中は土日だと駐車場がいっぱいになってしまうので早めに行くのが良いかと!

今回OPは水の宿駅には立ち寄らなかったんですが、お昼のバイキングとかお土産とかいっぱいあってかなり楽しそうです!!

「醒井水の宿駅」

住所:滋賀県米原市醒井688番地10

TEL:0749-54-8222

営業時間/AM9:00〜PM5:30

駐車場あり(無料)

地蔵川周辺を探索

滋賀県の観光サイトから観光マップがダウンロードできるので、行ってみたい人は見てみてね!

公式サイト↓

梅花藻で有名な中山道「醒井宿」と「滋賀県醒井養鱒場」周辺のマップです!!

(てかOPの旅行ネタ、かなり滋賀率高くないか・・・?)

街並みがとにかく綺麗なんだよね〜!

赤い提灯が並んでいて綺麗でした。

OPがごちゃごちゃ言うより、百聞は一見にしかずということで写真見ろ(笑)!!

有限会社醤油屋喜代治商店

滋賀県米原市にある有限会社醤油屋喜代治商店では、創業100年以上、醒井(さめがい)の名水で仕込んだ風味豊かなおいしい醤油・味噌など、調味料を製造販売しています。

ここの醤油ソフトクリーム食べ歩きしてる人、やたら見かけたわ!

プリンもあって美味しそうやったよ!

お店の前にも梅花藻☆

何気にここが一番アップで梅花藻の写真が撮りやすい(笑)

レトロな感じするね〜

梅花藻の粉末入りソフトクリームも売ってんだけど、あれはどんな味だったんだろう・・・笑

薄緑色でした(笑)

次行った時は食べよう!!

当時の問屋場が資料館として残っています。

この左手の奥の方にお手洗いがあってお世話になりました(笑)

地蔵川にはハリヨという絶滅危惧種の魚も生息しています。

水が綺麗なのでたくさん魚見れたよ!しかしOPはハリヨを見つけられませんでした(笑)

お昼は鯖そうめん食べました!そうめんをおかずにしてご飯を食べる(笑)

炭水化物×炭水化物=無敵

地蔵堂の横にあったお地蔵さん集団!

こういう不思議な雰囲気には心引かれますね〜!

お地蔵さん集団からそのまま奥へと進むと、何やら清浄な雰囲気の場所にたどり着いた!

なんだ!?銅像が立ってるぞ?

名前隠れてますが「ヤマトタケル」でした!!

隣の加茂神社に繋がっていたようです。

なぜここにヤマトタケルなのかというと、ヤマトタケルが伊吹山(滋賀米原市)の神と戦うときに毒気に当てられて失神してしまいます。

命からがら下山し、麓の湧き水を飲んだところ、復活したわけですが、その湧き水というのが「居醒の清水」なのです!

綺麗な湧き水がこんこんと!見所は梅花藻だけじゃないよ(笑)!

ここにサワガニがいるのが見えるかな?とても綺麗な水質であることがわかりますね。

加茂神社どーん!!階段を上がっていくと、お堂があります。

こぢんまりとしているけど、清清しい所でした。

境内から見た景色。醒ヶ井の街並みが見えます。

横は高速道路だった(笑) 高速からはこちらは見えないみたい。

神社を降りて町の中をフラフラ。

面白いもの見つけた!マツコっぽい人と安倍さんみたいな人(笑)

3時間くらいフラフラしてたけど、有名な醒ヶ井郵便局とか行かなかった所もあるので、満喫しようと思ったら5、6時間くらいおれそう(笑)

お近くの「醒井養鱒場」へ!

その後車で近くの「醒井養鱒場」へ行きました。「さめがいようそんじょう」と読みます。

JR醒ヶ井駅から醒井養鱒場まで4km弱あるので、1時間くらい歩けば徒歩でもいけます(笑)

車やとたしか、15分くらいでした。

「醒井養鱒場」

滋賀県醒井養鱒場公式サイト。滋賀県米原市。醒井養鱒場は明治11年(1878年)に設立された日本でもっとも歴史のあるマス類の増養殖施設の一つです。

住所:滋賀県米原市上丹生

TEL:0749-54-0301(平日)

営業時間:季節によって異なります↓

AM8:30~PM5:00(3月~6月・10月~11月)

AM8:30~PM6:00(夏期…7月~9月)

AM8:30~PM4:00(冬期…12月~2月)

※年末年始は休業(12月28日~1月4日)

駐車場あり(普通車は400円)

ペットも一緒に入ることができるようです!

醒井養鱒場は明治11年に設立された日本最古の養鱒場です。

ビワマス、ニジマス、アマゴ、イワナ、イトウ、チョウザメ、ハリヨなどが見れます。

(地蔵川では見られなかったハリヨもここで見てきました!)

魚つり、エサやり、釣った魚を食べたりできます!

夕方やけど、魚釣りしてる人多かったよ。

マスがうじゃうじゃいる〜!一瞬コイかと思った(笑)

白っぽい魚はアルビノのマスです。

施設内には川も流れていて、そこに泳いでいるマスもいます。

かなーり、自然の環境に近い!

ピャーッ!!マスの群れ!

休憩できるところもあるよ!食べ物も持ち込み可なので、ご飯を持って行って、マスを買って食べるのもいいね!

マスについて学べる資料館もありマス!

2mって・・・こんなん日本で泳いでるのか!?!?

ぼんやりと見える黒い大きな影がチョウザメです。

めっちゃでかいよ!キャビアで有名なチョウザメですが、実はサメではなくサカナなんです。

英語ではスタージョンというらしい・・・カッケェ・・・

レアなマスとして、アルビノマスがありますが、それよりさらにレアなコバルトマスがいます!

何万匹に1匹くらいのレアマス!これがそのコバルトマスなのか!?

今回は1匹だけそれらしいマスに出会えました。

お土産にビワマスの甘露煮を買って帰りました!

(これは写真撮らずに食べちゃった・・・笑)

森の中なので空気も綺麗で、かなり癒された〜!

今度はタッパーにご飯詰めて持って行きますわ(笑)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
トップへ戻る